スキンケアコラム記事一覧

 

本来28日周期のターンオーバー(新陳代謝)が狂ってしまうと、色々なお肌の老化現象やトラブルが起こります。目元などのシワ・濃くなっていくしみ・顔色の冴えないくすみ・クマ・たるみ・目障りなニキビ・突っ張るような乾燥など、挙げればキリがないくらいです。そういう場合に大多数の皮膚科医がまず使うのが、美白効果で有名なビタミンC誘導体。外用抗菌薬も併せて使用すると約半年で快癒に至る事例が多いとされている。美容...

 
 

紫外線を浴びたことによって出来てしまったシミをどうにか薄くしようとするよりも、作られてしまわないように事前に防護したり、肌の奥に隠れている表出していないシミをシャットアウトすることの方が効果的だということを知っている人はまだ多くありません。アイカラーなどのアイメイクを落とすときに化粧をきちんと落とさなければとゴシゴシと強くこすって洗うと皮膚が傷んだり腫れるなどの炎症を起こして色素沈着し、目の下の茶...

 
 

運動や入浴で汗をかいて身体の中の水分が減少してくると尿の量が減らされて体温調節に必要な汗用の水分が備蓄されるため、この余計な水分が使用されずに不愉快なむくみの要因になっています。リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)には、体に損傷を受けた人のリハビリテーションと同様に、顔などの外観に損傷をこうむった人が新たな社会生活を送るために習う技法という意味を持っているのです。目の下の弛...

 
 

目の下の弛みの解消・改善策で効果的なのは、ずばり顔のストレッチ体操です。顔の表情筋は気付かない間に強張ってしまったり、精神の状態に左右される場合がままあるのです。白く美しい歯を維持するためには、歯の表面だけでなく隙間も丁寧に磨いてあげることが大切です。歯磨き粉のキメ細やかな泡とソフトタイプの歯ブラシを使って、丁寧なケアをすることが理想的です。スキンケア化粧品によるアンチエイジングをして「老け顔」大...

 
 

メイクの短所:ランチタイムにはお化粧直しをしないと見苦しくなる。クレンジングしてすっぴんに戻った時のガッカリ感。化粧品の費用が案外嵩む。メイクしないとどこにも行けないある種の強迫観念。洗顔で隅々まで丁寧に汚れを落とすようにしましょう。洗顔せっけんは肌に合ったものを選びましょう。自分の皮膚に合っていれば、安価な物でも構いませんし、固形タイプの石けんでもOKです。頭皮は顔面の皮膚につながっているため、...

 
 

ほっぺたや顔の弛みは老けて見えてしまう要因になります。肌の弾力や表情筋の緩みが弛みにつながりますが、実のところ普段おこなっているささいなクセも原因になります。 洗顔料などで隅々まで汚れを取らなければいけません。洗顔せっけんは肌に合ったものを選択してください。肌に合ってさえいれば、安価な石けんでも構わないし、固形タイプの石けんでも何ら問題ありません。 心臓から離れた位置にある下半身は、重力が関わって...

 
 

メイクの悪いところ:うっかり泣いてしまうとまさしく修羅のような怖い顔になってしまう。ほんのちょっと多くなると下品になって地雷を踏む羽目になる。素顔をごまかすには骨が折れること。 貴方には、ご自分の内臓は何の問題もないと言えるだけの根拠がどのくらいあるでしょうか?“痩せられない”“肌荒れが気になる”などの美容にまつわる悩みにも、実を言うと内臓の状態がキーポイントとなっています!整形外科とは異なり美容...