メルラインの成分について

メルライン公式サイトはここ!

 

メルラインは、アゴやフェイスラインのニキビ対策に特化したオールインワンジェルで、背中やお尻やデリケートゾーン等にできたニキビにも効果がある製品として、多くの人たちに愛用されています。そこでここでは、このメルラインにはどのような成分が含まれているのかについて、パッケージに書かれている順番で、お話していきたいと思います。同じ効能であっても、成分毎に別々に表記しますので御了承ください。メルラインは植物由来の成分が中心のジェルで、合成香料・着色料・鉱物油・石油系合成界面活性剤・アルコール・パラペン・ピーリング剤は、一切含まれていないことを最初にお断りしておきます。

まず最初はグリチルリチン酸2Kですが、これは抗炎症作用と抗アレルギー作用、及びニキビ予防にも効果があります。次は水溶性プラセンタエキスで、新陳代謝の活性化・美白・活性酸素の発生の抑制、活性酸素の除去に効果があります。次に3-oエチルアスコルビン酸ですが、これには肌の美白効果があり、ビザボロールには、抗炎症・抗菌・抗真菌性・消炎・抗アレルギー作用があります。次に米ぬか抽出物加水分解液Aにも美白効果があり、水溶性コラーゲン液-4には、高粘度による高い保湿力がある他、肌のハリの維持にも効果があります。

 

次にヒメフウロエキスには、紫外線によるコラーゲンの破壊のカバーや、肌のハリの維持の効果があり、ヒアルロン酸Na-2には高い保湿効果があります。またアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムという、ヒアルロン酸の中でも、真和性があると言われているものや、加水分解ヒアルロン酸という、角質に浸透するタイプのヒアルロン酸も含まれています。次にトレハロースですが、これには保湿や細胞の保護をする働きがあり、ステアロイルフィトスフィンゴシンには、角質の水分を保持する働きがあります。また濃グリセリンには保湿効果が、トリメチルグリシンには角質の水分の保持があります。

次にエチルヘキサン酸セチルですが、これにはエモリエント効果や水分の蒸発を阻止する働きがあり、ステアリン酸POE(20)ソルビタンという名称の乳化剤も含まれています。次にカルボシビニルポリマーには粘土調節剤としての役割があり、水酸化Kという乳化剤も含まれています。また増粘剤としてお馴染みのキサンタンガムや、保湿効果のあるジメチコンという成分も含まれています。次に天然ビタミンEですが、これには肌サイクルのサポートをする働きがあります。次にBGには保湿効果が、1,2-ペンタンジオールには、保湿と抗菌の効果があります。最後にフェノキシエタノールは防腐剤、ティー・トリー(アロマオイル)は香料、精製水が水として含まれており、以上がメルラインに含まれている、成分とその効果効能です。

 

パッケージの箱には、ニキビに直接効果を発揮する成分は緑色、保湿成分はピンク色、美白成分は水色で表記が分けられていて、各部位のニキビの解消・予防・抑制、そのための保湿、ニキビ痕対策のための美白までフォローされています。ニキビ対策に留まらず、スキンケア効果も期待出来る製品です。