ヒアルロン酸の水分を保持する能力

ヒアルロン酸は、高い保水力がある成分として多くのスキンケア商品に配合されている人気の成分です。ヒアルロン酸には、次のような働きがあります。

 

 

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸とは、体の各所に存在する体内物質です。関節、目(硝子体)、皮膚、脳など広い部分に分布しています。皮膚では、真皮の部分に存在する成分で、コラーゲンなどの繊維成分の隙間を埋め、肌のハリを保つのに有効です。粘着度が高く細胞と細胞をつなぐ結合組織です。肌に弾力が生まれるのは、ヒアルロン酸が細胞をしっかりとつないでくれているからです。ヒアルロン酸は年齢とともに減少するもので、特に40代に入ると一気に減少し始めます。加齢により肌の弾力が無くなり、老化現象が始まるのはそのためです。

 

ヒアルロン酸の驚異の保湿力

ヒアルロン酸には、高い保湿力があります。ヒアルロン酸は、肌の真皮の部分に含まれている成分で、水分を保持し肌に蓄える働きがあります。ヒアルロン酸1gで水6?も吸水することができるので、わずかなヒアルロン酸で充分な保水効果があります。水分を含むとジェル状になり、細胞間に粘着して隙間をつなぎ、肌に弾力をもたらします。水分がたくさん含まれた肌の手触りがプルプルしているのは、ヒアルロン酸が肌内で働いているからです。関節などでも同じ効果があり、関節の細胞に存在するヒアルロン酸は細胞間を接着して、スムーズな動きができるようにする働きがあります。

 

ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸は、美肌対策には必須の成分です。特に、乾燥対策や日焼け予防、ニキビケアなどに有効です。ヒアルロン酸は、乾燥によるシミ、シワの予防や肌荒れ、ニキビ、炎症などのさまざまな肌トラブルを防ぐのに有効です。乾燥で水分が奪われた肌は、バリア機能が低下して、外部からのダメージを受けやすくなります。ヒアルロン酸を含んだスキンケア用品で水分を補給し、バリア機能を高めることが大切です

 

ヒアルロン酸とセラミド

2大美容成分として、ヒアルロン酸とセラミドがあります。高い保水・保湿効果があり、働きとしては大変似ているのですが、ヒアルロン酸が真皮にあるのに対して、セラミドは表皮に存在しています。スキンケアの成分としては、両方とても大切です。この2つが同時に配合されているスキンケア用品がより効果的です。ヒアルロン酸が肌の真皮でしっかりと水分を蓄え、セラミドが表皮をバリアして外部の刺激からから肌を守ります。