ニキビ・吹き出物に効くツボ

 

ニキビや吹き出物の症状の改善や予防には、東洋医学でいうところのツボを刺激するという方法もありますので、ここではそのツボについて、お話していきたいと思います。東洋医学では肌のトラブルは、肺経という経路(生命エネルギーの流れ道)の異常から起こると考えられていますので、まずこの肺経を整えるツボを刺激すると良いでしょう。そこで最初に御紹介するのは、上臣虚(じょうこきょ)です。上巨虚は足の三里(膝下の外側2cm位の所にある窪み周辺)から、指3本分下がったところにあります。肺経を整えて胃腸の調子を整えますので、ニキビや吹き出物の予防や改善に効果があります。両手の親指を重ねて当て反応がある方の足のツボを、気持ちよさが感じられる程度の強さで、3〜5秒押したり離したりする動きを、3分〜5分繰り返してみてください。

次に御紹介するツボは、沢田流合谷(さわだりゅうごうこく)です。このツボは両手の5本の指を反らした時に、親指側の手首近くに浮き出る2本の腱の間のことで、既に出来てしまったニキビ・吹き出物の膿を、自然に排出されるように促すツボです。指で刺激しても良いのですが温熱灸を行いますと、より効果をあげることが出来ます。お線香の火を1〜1.5cmまで近づけて、熱く感じた際に離したときに、刺激の反応の強い方の手のツボに15回、反対側の手に7回行うようにするのがお勧めです。お線香を近づけすぎて、火傷をしないように注意してください。

 

次に御紹介するツボは承漿(しょうしょう)です。このツボは唇のすぐ下の凹んでいる部分にあって刺激を与えることにより、ホルモンバランスを整えて、顔の血行も良くなると
言われています。ニキビ予防の他に、口内炎・口の周りのシワ・肌のくすみ・むくみにも効果があります。次に御紹介するツボは合谷(ごうこく)です。このツボは手の人差し指と親指の真ん中位にあり、押した時に違和感を感じるのですぐにわかります。親指で3秒づつ、押したり緩めたりしながら刺激してみてください。この合谷は万能のツボとも言われており、ニキビや吹き出物だけでなく、生理痛・下痢・肩凝りや首の凝り・便秘等にも効果があります。

 

次に御紹介するツボは迎香(げいこう)です。このツボは小鼻のすぐ脇にあり、鼻の周りの血流をスムーズにし肌の調子を整えて、シミ・シワ・たるみ・鼻水・鼻づまり・花粉症等にも効果があります。人差し指の腹で、頭に向かって軽く指圧するようにしましょう。そして最後に御紹介するツボは勇泉(ゆうせん)です。このツボは、両足の裏の足の指を
曲げて凹んだところにあります。土踏まずのやや上の中央部分と言ってもいいでしょう。勇泉もまた万能のツボと呼ばれ、肌荒れ・胃痛・腰痛・ストレス解消・むくみ・冷え性等にも効果があると言われています。

 

ほっぺたやフェイスラインのたるみは老けて見える主因。皮膚の張りや表情筋と呼ばれる筋肉の緩みがたるみへと繋がりますが、実際はいつもおこなっている何気ない習慣も原因になるのです。容姿を整えることで心がはつらつとしてゆとりが出るのは、顔にトラブルを抱えている人もいない人も同じことです。私たちはメイクアップを自分の内側から元気を見つける最良の方法だと捉えているのです。明治時代の末期、洋行帰りの女たちが、洋風の髪、洋風の服装、洋式の新しい化粧品・美顔術などを紹介して、これらを新たに言い表す熟語として、美容がけわいという言葉の代わりに使われるようになったのだ。そういう時に大多数の皮膚科医が処方するのが、美白美容液などに配合されているビタミンC誘導体である。外用抗菌薬と併用すれば約6ヶ月で完治に導けた患者が多いとされている。デトックスというのは、健康食品の飲用や岩盤浴などで、これらの体内の有害なものを体外へ排出しようとするテクニックの事を指しているのだ。

 

下まぶたに弛みができた場合、誰しもが年齢よりも4〜5歳上に見えます。顔の弛みは色々ありますが、その中でもことさら目の下は目立つ部分です。アイメイクを落とす時に化粧をしっかり落とさなければいけないと強く洗い続けていると皮膚が傷んだり炎症を起こすなどして色素沈着を招いてしまい、目のくまの一因になるのです。どこにも問題のない健康な身体にもみられるむくみだが、これはごく自然なこと。なぜか女の人は、脚のふくらはぎのむくみを防ごうとするようだが、二足歩行の人間であれば、下半身の浮腫自体はいたって自然な状態なのだ。特に女性に広く知られているデトックスとは、体内のあちこちに蓄積されたあらゆる毒を体外に出させるという健康法の一種であくまで代替医療に大別される。「detoxification(ディトクシフィケーション、解毒の意)」の短縮形から派生した。化粧の長所:外見が向上する。化粧もマナーのひとつ。本当の年齢より大人っぽく見てくれる(10代から20代前半に限った話です)。自分自身のイメージを多種多様に変えられる。

 

本来、健康な肌の新陳代謝は28日毎のサイクルで、何時も新しい細胞が生まれ、1日毎に剥がれているのです。こうした「毎日の生まれ変わり」によって皮膚は若々しい状態を保っています。洗顔料できちんと毛穴の奥まで汚れを取るようにしましょう。石鹸は皮膚に合ったものを使用してください。肌に合ってさえいれば、安い石けんでもOKですし、固形の洗顔石鹸でも構いません。日常的な寝不足は人の肌にどんなダメージを与えるかご存知ですか?その代表格ともいえるのが皮膚のターンオーバー(新陳代謝)が乱れてしまう事。健康なら28日毎にある肌の入れ替わりが遅くなります。メイクアップの欠点:皮膚へのダメージ。毎朝するのは煩わしくて仕方がない。メイクアイテムの費用がやたらめったらかかる。メイクで皮膚が荒れる。何度も化粧直しやフルメイクをする時間の無駄だ。さらにもうひとつ、弛みに大きく絡んでいるのが表情筋。いろんな表情を作っている顔に張り巡らされた筋肉です。肌の真皮に存在するコラーゲンと同じく、表情筋の機能も年齢を重ねるにつれて鈍化します。