妊娠中に吹き出物ができる原因と対処法

メルライン公式サイト

 

主に妊娠初期の女性で、ニキビ(吹き出物)に悩んでいる人は多いと思います。

妊婦さん

 

そこでここでは、妊娠中にニキビができる原因と対処法について、お話していきたいと思います。

 

これらの症状は妊娠16週目以降になって体調が整い、女性ホルモンが安定しますと、肌の調子が良くなって改善されると言われています。

 

妊娠初期に増加するホルモンには、プロゲステロンとエストロゲンですが、これが急激に増加することが、ニキビの原因となるのです。

 

プロゲステロンの方は、妊娠を継続するのに不可欠なホルモンですが、肌の皮脂の分泌を促すために、更に皮脂量が過剰になって毛穴が詰まった結果、皮脂が溜まってニキビになるのです。

 

成人してからできる大人ニキビの原因で、多いと言われるのが便秘によるものです。

 

妊娠時は子宮の周りの胃や腸が圧迫されることで、身体の動きが鈍くなります。

 

運動

その結果運動不足となって便秘になるのです。

 

便秘になるということは、腸内に老廃物が溜まったままということですから腸内環境も悪くなり、ニキビができやすくなるのです。

 

またこれは便秘になることとも関連しますが、食生活もニキビのできる原因となります。

 

妊娠時は食の嗜好が変わりやすく、妊娠初期のつわりの時期に食生活が変わりやすいとも言われています。

 

レモンや梅干のような酸っぱいもの等、特定のものしか食べられなくなり、偏食によって栄養のバランスが悪くなって、ニキビを始めとする肌荒れを起こしてしまうのです。

 

次に考えられる原因は睡眠の質です。

睡眠

 

特につわりのひどい時期は夜よく眠くなくなり、自律神経が乱れてしまったり、妊娠の中期や後期にお腹が大きくなってきますと、膀胱が圧迫されることによって頻尿になったり、お腹の赤ちゃんが動くことで睡眠不足になったりといったことがあり、男性ホルモンの分泌が増え皮脂が多く分泌されることでニキビの原因となるのです。

 

次に妊娠中にニキビができた場合や、ニキビを予防するための対処法をご紹介していきます。

 

まず最初はメイクについてです。

 

メイク

メイクには低刺激の基礎化粧品を使い、オイルフリーやパウダータイプのファンデーションを使用するようにしてください。

 

ファンデーションは薄付けにしておき、アイメイクやチーク或いはリップで、ポイントメイクにすると良いでしょう。

 

家に居るときにはすっぴんでいるのが理想ですが、UV対策はしっかりとってください。

 

次はスキンケアについてです。

 

洗顔

スキンケアで特に大切なのは洗顔です。肌に優しい植物由来で低刺激の洗顔料を使用し、指が肌につかないようによく泡立てて、優しく洗うようにしましょう。

 

洗顔は1日2〜3回行い、洗顔後の保湿も忘れずに行いましょう。

 

また週1回は毛穴の汚れをとるパックを行うことをお勧めします。

 

これはプレーンヨーグルトに小麦粉を少し足し、程良い固さにしたものを顔に伸ばし、ラップでカバーして5分ほどおき、後は洗い流すだけなので簡単です。

 

ニキビの症状があまりにもひどいときは、自己流の処置をしないで、是非かかりつけの産科や皮ふ科を受診してください。

 

また食生活はビタミン・ミネラル・亜鉛・カルシウム・マグネシウム・コラーゲン・食物繊維等の栄養成分を摂ることを心がけ、野菜や魚をメインにした和食中心の食事を摂るようにしましょう。

 

充分に睡眠をとれるよう、無理のない範囲でマタニティヨガ等の軽い運動を行うことも、スムーズな出産と共にニキビ症状の改善や予防につながると思います。

 

加齢印象を強くしてしまう中心的な要因の一つが、歯に固着した”蓄積クスミ”です。歯の表側の層には、見えない凸凹があり、日々の生活の中で黄色い着色やタバコのヤニ汚れが溜まりやすくなっています。肌の美白ブームには、90年代の初めからあっという間に女子高校生などに人気を博したガングロなど、不自然なほど異常に日焼けする渋谷系ギャルファッションへの反論とも取れる意味合いが内包されている。美容成分としても名高いヒアルロン酸はヒトの細胞と細胞の間に多数あり、優れた水分保持力や緩衝材のような効果によって細胞を擁護していますが、加齢とともに体の中のヒアルロン酸は年々減少します。ドライ肌の因子であるセラミドと皮脂の衰退は、アトピーのように先天性のものと、逃れようのない老化や基礎化粧品などによる後天的要素に縁るものに分けることができます。健康食品などで知られるヒアルロン酸はヒトの細胞と細胞の間に多く含まれており、優れた水分保持力やクッションのような働きで大切な細胞を保護していますが、年齢を重ねるに従い体内のヒアルロン酸は日々減少します。

 

意識していなくてもPCのモニターに見入っていて、眉間に縦じわを作り、且つ口角の下がったへの字ぐち(余談ですが私はこの形を別名「富士山口」と勝手に名付けています)になっているのではありませんか?これはお肌の大敵です。そんなに目新しくはないが、これは間違いなく「代替医療」や「健康法」のひとつまったく違うということを知っている人は意外なほど少ないのである。加齢印象を強くしてしまう主な誘因のひとつが、歯に付着している”蓄積くすみ”です。歯の表側の層には、見えない凸凹があり、日常の暮らしの中で茶色がかった着色やタバコのヤニ汚れが固着していきます。近頃人気の頭皮ケアはまたの名をスカルプケア(scalp care)とも名付けられているお手入れ方法です。スカルプは髪の毛の悩みの種である「脱毛」「薄毛」などにとても大きく関わっていると同時に、顔の弛みにも影響を及ぼしています。本国の美容外科の経歴では、美容外科が「由緒正しい医療分野」であるとの見解と地位を手に入れるまでには、割と長くかかった。

 

患者さんは一人一人肌質が異なりますし、生まれつきドライスキンなのか、もしくは生活習慣など後天的な要素による乾燥肌なのかというタイプに応じて処置方法が違ってきますので、想像以上に配慮を要します。頭皮ケアの主要なねらいとは健やかな毛髪を保つことにあります。毛髪に水分がなく乾燥し始めたり抜け毛が気になり始めるなど、多数の方が髪の毛の困り事を抱えています。この国における美容外科の経歴の中で、美容外科が「しごく真っ当な医療行為」との見解を手中に収めるまでに、意外と長くかかった。中でも夜の歯のブラッシングは大事。歯の表面に付着した“蓄積くすみ”を取り除くため、就寝前はちゃんと歯みがきをしましょう。しかし、歯のブラッシングは回数が多ければ良いわけではなく、1回のクオリティに着目することが大事だといえるでしょう。目の下の弛みを改善・解消する方法でおすすめなのは、顔面のストレッチ体操です。顔面の筋繊維は意識していなくても強張ったり、心の状態に関係している場合がよくあるのです。