顎・フェイスラインにできる大人ニキビと睡眠の深い関係

寝ている女性

ここでは大人ニキビができてしまう原因と、睡眠との深い関係についてお話していきたいと思います。

 

まず睡眠が肌のために大切なのは、寝ている間に古くなった肌細胞の排出や傷付いた肌の修復及び新しい肌細胞の生成という、いわゆる肌のターンオーバーが行われるためです。

 

ですので睡眠不足は肌のターンオーバーが正常に行われないことを意味し、肌の不調に直結してしまうのです。

 

肌のターンオーバーは時間帯に関わらず起きている間には行われず、起きている間は頭を使っているため血液も脳に集中しており、睡眠不足の場合、ターンオーバーは正常に行われないことになるということです。
睡眠不足の肌にはニキビができやすくなり、また治るのにも時間がかかると言われています。

 

お肌が気になる女性

ニキビができるのが嫌なのであれば、睡眠不足だけは避けなければなりません。

 

しかしそれは逆に良質な睡眠をとればニキビはできにくくなり、ニキビの悪化も防げることを意味しています。

 

但しあまり長く寝る必要はなく、あくまでも適度な睡眠時間と良質の睡眠をとることが大切です。

 

大人ニキビの予防と改善は、この2つのバランスにかかっているのです。

 

また日中メイクをしている人は、寝るまでに必ずメイクを落としておきませんと、肌のターンオーバーが正常に行われにくくなりますので、睡眠時にはスッピンの状態にしておくことが必須条件です。

 

お肌のターンオーバー

肌のターンオーバーでは寝ている間に分泌される成長ホルモンにより肌細胞が分裂し、細胞の修復も始まるわけですが、細胞の修復には最低6時間はかかるとされていますので、毎日の睡眠時間は最低でも6時間以上であることが肝心です。

 

但しこの6時間は良質な睡眠がとれて、肌のターンオーバーが正常に働いた前提での話ですので、もし睡眠の質が悪かった場合は6時間以上寝ても、ターンオーバーがキチンと行われない場合もありますので注意が必要です。

 

また休日に寝だめをする人もいますが、人の身体は就寝時間も睡眠時間数も一定にすることでホルモンのバランスを保っていますので、日によって就寝時間や睡眠時間数が違いますとホルモンのバランスが乱れ、身体のリズムも崩れて肌のターンオーバーも正常には行われにくくなります。

 

ですので普段と休日とで、睡眠時間が2時間以上ズレないように注意する必要があります。

 

エアコン

また以前は午後10時〜午前2時までが肌のゴールデンタイムなので、この時間の間に必ず寝た方がいいという説が有力でした。

 

しかし、今は明け方にでも寝ない限りは何時に寝ても、寝てから3〜4時間がゴールデンタイムであると言われるようになりました。

 

そのためには就寝してから時間がかからずに眠って、より質のいい睡眠をとる必要があります。

 

そのためには就寝前の入浴で温めのお湯に入ったり、寝室の換気やエアコンの温度調節をしておいたり、アロマを炊いておく等の工夫をすると良いでしょう。

 

その他にも、寝る1時間前にはスマホやパソコンを見ないことや、寝る6時間以内にカフェインを摂らないようにすることも大切です。